社会や経済の急激な変化で

企業ではグローバルな人材が求められているようですね。

大手企業のなかには、日本の大学に留学している

外国人の新卒採用を積極的にしているところや、

学歴ではなくTOEICの点数を重視するところもあるのだとか。

経団連の調査によると、

社員の海外勤務を想定している企業は4割。

人材を日本人に限定しない企業は3割もあるそうです。

参考URL

これからは語学力がないと就職・転職できないの?

baby-84626_640

こんな話をしてしまうと、

とにかく英語を勉強すればいいんでしょ?」と言われてしまいそうですが、

それだけではダメみたいです。

先ほどの経団連の調査によると、

企業が採用にするときに重視するポイントベスト3は

 

  1. 主体性

  2. コミュニケーション能力

  3. 実行力

 

語学力専門資格の有無を大きく上回っています。

参考URL

 

語学力はあって当たり前。

主体性がトップに来ていることからわかるように、

自分で考え、外国語で主張することが

これからのビジネスマンには求められているんですね。

自分で考える力はどうやって身につけるの?

thinking-767040_640

自分で考える力を身につけるためには

日頃から、自分の考えを表現する習慣

観察眼を養うことが必要です。

自分の考えをまとめ、

人に話す

文章に書く機会を積極的に持つことで

自分で考え、表現する力が身につきます。

文章を書く練習にはこんな方法もあります。

いまさら聞けない新聞の活用法

自分で考えて行動することができれば、

ありとあらゆる経験を積むことができ

観察眼も自然に養われていくでしょう。

今、キャリアアップのためにするべきことは

hand-1112469_640

あなたがキャリアアップのためにするべきこと。

英語、あるいは

あなたの仕事に必要な外国語の勉強を始めることはもちろん、

自分の考えをきちんと書く習慣をつけることです。

なぜなら、

不自由のない日本語で言葉にできていないことを

外国語で表現するのは、もっと難しいはずだから。

thoughtful-702091_640
この記事が気に入ったら
いいね!しよう