先日、ニュースで

2020年度から大学入試センター試験が廃止され、

新テストが導入されると報じられていました。

新テストでは

これまでの知識の暗記力や

学んできた問題の解法パターンを適用する力を見る

選択式問題に加えて、

思考力、判断力、表現力を見るための

記述式問題が教科の枠を超えて出題されるそうです。

うちの子ども、大丈夫かな?

baby-821627_640

新テストが導入されるのは2015年度時点で

中学1年生の子どもが高校3年生になる

2020年度です。

2015年度時点で小学4年生以上の子どもが

高校3年生で受験する新テストには

短文の記述式問題が、

小学3年生以下の子どもには

より文字数の多い記述式問題が

導入される予定になっています。

小さいうちからできることはあるの?

childrens-shoes-1035488_640

新テストへの対策は

こどもが小さいうちから始められます。

これからの時代は

知識を覚えることに加えて、

覚えた知識を組み合わせて、

自分で考える力

いろいろな角度から物事を見つめ、

自分に必要な情報を選び、

アイデアを出して、

自分の言葉で表現する力

この2つの力が必要とされ、

新テストではこの力を試されることになります。

家族がこの2つの力をつけさせることを

意識していれば、

子どもが小さくても、

考え、言葉で表現させるように

導くことができますよね。

私も子どもはまだ幼稚園児ですが、

どうしたらできるか考えてごらん

自分のお口で言ってごらん

と、声かけをしています。

これから先、どんな仕事をするにしても

学んできた知識と情報を組み合わせて、

自分で問題を解決できる大人になってほしい。

そう願って、向き合っています。

school-1007067_640
この記事が気に入ったら
いいね!しよう