自分のいいところを20個書いてみてください。

そんな風に突然言われたら、

あなたは書けるでしょうか?

私は書けませんでした。

書けないどころか、

悪いところなら20個書けるかもしれないな

なんて思ってしまったんです。

そして、そのことはすっかり忘れていたのですが。

最近になって、リフレーミングという言葉を知りました。

リフレーミングとは

ある枠組み(フレーム)で捉えられている物事を枠組みをはずして、違う枠組みで見ること

引用URL

たとえば、何か失敗をしてしまったとします。

ある人はそのことで落ち込むかもしれません。

でも、別のある人は「今度は気をつけよう」と

気持ちを切り替えることができるかもしれません。

同じできごとでも、人によって

とらえ方や感じ方がちがうように、

自分では短所だと思っていることでも、

他の人から見たら長所である場合もありますよね。

こんな風に最初に考えたこと、感じたことを

ちがった角度から見つめ直してみるのが

リフレーミングです。

視点を変えれば、

ぶっきらぼうで冷たいように感じる人も

実は照れ屋なことに気づけます。

夜、布団に入ったあと、

今日起きたいやなできごとを思い出し

「最悪な日だった」といやな気分になるまえに、

「今日はこんないいこともあった」と気づき、

おだやかな気持ちで眠ることもできるかもしれません。

財布を落としてしまってがっかりしていても、

「買い物を済ませたあとで良かった」と

不幸中の幸いに感謝できるかもしれません。

もし、あなたが自分の思うように生きたいのなら。

まずは自分のこころをよく見つめ、

意識して良い方に受け止めることから始めてみませんか?

boys-655976_640
この記事が気に入ったら
いいね!しよう