文章を書くときに気をつけたいのは

「なんとなく」思ったことを書かないこと。

文章には自分の考えが表れてしまうので、

白なのか黒なのか、

自分の立場をはっきりさせて書く必要が出てきます。

「なんとなく」ではなくて、

「どうしてそう思ったのか」理由をはっきり書かかないと

読んだ人に伝わらない文章になってしまいます。

事実なのか、自分の意見なのか。

balloon-1014411_640

伝わりにくい文章を見ていると、

事実 と 自分(あるいは他の誰か)の意見や考え が

混ざっていることが多いのです。

はっきり伝わる文章を書くためには

事実 と 意見 をわける必要があります。

あなたが見て、聞いて、経験したことは事実ですが、

あなたや他の誰かが 感じたこと、考えたことは意見です。

「私は見た」「私は◯◯だと思った」と

はっきりわかるように書きましょう。

はっきり書くためには

pencils-695366_640

ふだんから「なんとなく」で行動しないことが大切です。

あなたはレストランで注文をするときに、

どんなふうにメニューを選んでいますか?

「みんなと同じものでいいや」と決めていませんか?

たかがメニュー選び。されどメニュー選びです。

「私はパスタが好きだから、カルボナーラを注文する」と

選んだ理由をはっきり言えるのならいいのですが、

「なんとなく」誰かと一緒のものを頼んでいたら、

何も考えずに選んでいることになりますよね?

何を選ぶか? どちらを選ぶか?

小さなことだったとしても、人生は選択の連続です。

ふだんから何かを選ぶときに、

選んだ方と選ばなかった方のちがいを

はっきり言えるくらい考えていないと

文章を書くのに必要な思考力が身につきません。

カルボナーラを選んだ理由について

「みんなも頼んでいるから」と言うよりも

「好きだから」と言える方が説得力がありますよね。

意識して考えて選ぶこと。

選んだ理由をはっきり言えること。

小さなことかもしれませんが、

この積み重ねがはっきりと伝わる文章の土台になっていきます。

dahlia-211028_640
この記事が気に入ったら
いいね!しよう