いざ、何か書こうとすると

書けないことってありませんか?

書こう、書こうと思えば思うほど

プレッシャーに感じてしまう。

パソコンやノートに向かっていても、

時間ばかりが過ぎてしまって

よけいにあせってしまう…

そんなときの解決方法を今日はお伝えします。

まず、誰かに話してみましょう。

speak-238488_640

書きたいことがぼんやりとでも決まっているのなら、

そのことについて誰かに話してみましょう。

話すことで、いろいろなことを思い出したり、

思いつく考えもあったりするので、

メモを取ることもお忘れなく。

メモの内容をつないでいけば、

きっと何かしら文章が書けるはずです。

感じていることを言葉にする

sunset-229983_640

書こうとしているぼんやりとしたことについて

自分がどう感じているのかを

口に出して言ってみましょう。

ふだんから何かを感じることが少ない人は

見たもの、聞いたもの、経験したものについて

口に出して言ってみる練習をするといいですね。

「すごい長い飛行機雲!」とか

「あの黄色の梅はいいにおい!」とか

口にすることで、

自分の感じていることと言葉を結びつけると、

文章が書きやすくなります。

話せたら、書いてみる。

dates-1021055_640

話し言葉では

「ええと」「◯◯みたい」「◯◯な感じ」のように

あいまいな表現を使ってしまいがちです。

メモを取ったときに、あいまいな表現で書いていることばあれば、

文章にするときには「◯◯です」「◯◯します」と

はっきり言い切る形になおすと、意味が伝わる文章になります。

ふだんから会話をするときに

はっきりとした言葉を使うように心がけると、

文章もきちんとした表現で書けるようになります。

はっきりと言い切るのは勇気もいるので、

どうしたら正確に言い表せるか考える訓練になり、

ボキャブラリーも増やすことができます。

megaphone-50092_640
この記事が気に入ったら
いいね!しよう