書くこと と 考えること は

切っても切れない関係です。

考えることをしないで

文章を書くことはできませんから。

 

そんなわけで、

コンサルをしているクライアントさんには

「何かを考えるときには

箇条書きでかまわないので、

必ずメモをとってください」

と、アドバイスしています。

 

何も書かないでいると、

結局、考えていたことを忘れてしまい、

何も考えなかったことになってしまうので。

 

もしかしたら、

おもしろい文章が書けるアイディアが

浮かんでいたのに…ということにもなりかねません。

 

また、クライアントさんには

週に1回は文章を書いて

私に見せてください」と

お願いもしています。

 

週に1回というノルマをもうけることで

1週間の過ごし方が全くちがってきます

 

書くことを常に探しているので、

ものの見方も変わることが多いです。

 

文章を書く と決めただけで、

人生が少しでも変わります。

 

アスリートも

書くことで人生を変えています

 

有名選手の多くが書いている日誌|夢を叶えるスポーツノートを役立てる

 

自分の好きなことや得意なことでトップレベルにいる人たち、

これからなろうとしている人たちは

目標や反省、今後の課題などを書き出すことで

毎日、意識を高く持ち続けることができるのですね。

 

書くことで、日々の暮らしのなかで

意識することが増え、

どんな小さなものごとに対しても

気づきをたくさん得ることができます。

 

そして、困ったことや悩みがあっても、

書き出すことで、正面から向き合い

乗り越えることができるのです。

 

書くことは、そのまま 生きること

つながっているのです。

 

あなたも一瞬一瞬を大切に過ごすために、

書くことを始めてみませんか。

startup-593336_640
この記事が気に入ったら
いいね!しよう