こんにちは。

家族のために戦う不動産投資家・桜木大洋です。

不動産投資に興味がある方へ

関連する基本的な知識を

これ以上ないくらい

カンタンな言葉を使って解説しています。

 

 

1月29日、日銀の黒田総裁が「マイナス金利政策」を発表しました。

「マイナス金利」とは何でしょうか。

 

普通、銀行にお金を預けると利息がつきますよね。

 

まぁ、今はとてもとても少ない利息ですが。

 

そして一般の銀行も、少しでも利息を得る方がよいということで

日本銀行にお金を預けています。

 

一般の銀行が日本銀行にお金を預けて

もらえる利息は0.1%。

 

これも十分少ないですね。

 

ところが今回、その日本銀行の利息が

「マイナス金利」、つまり

お金を預けると、

預けた方が金利分のお金を支払わなければならない

ということです。

 

「なんじゃ、そりゃ!」

って思いますよね。

 

日本銀行がなぜそんな

「嫌がらせ」

みたいなことをするのか。

 

それは、一般の銀行が

お金を預ける気持ちを失くす

ようにしているためです。

 

お金を預ける気持ちが失くなると

一般の銀行は他にお金の使い道を考えるようになります。

 

その答えは

人や企業への融資

 

預けてお金を取られるくらいなら

人に貸して利子をもらった方がずっとマシ。

という考え方です。

 

そうなると、いろんな銀行が

融資に積極的になります。

 

その代表的なものは

住宅ローン。

これに積極的になる

ということは

住宅ローンの金利も低くなる可能性が高いです。

 

次に、日銀がそんなことをしていると

国債の値打ちも下がります。

すると投資家たちは

国内より海外だ!

といって、

海外投資に積極的になります。

これによって円が売られ、

ドルなどの外貨が買われるようになります。

 

そこで

円安

に拍車がかかる。

 

円安になると、

輸出企業が儲かります。

モノを輸出して、

例えばドルでお金をもらって

それを円に換金すればお得になるからです。

 

そして企業の景気がよくなると

給料が上がり、

もっと投資をしようと思うようになります。

 

そこで銀行にお金を借りに行く

 

待ってました

 

という感じで、銀行は融資を増やし、

その金利で利益を得ようとするサイクルです。

 

融資が活発化すると、

銀行間の競争が激しくなるので

必然的に金利も下がります。

 

そうなると

不動産投資家のように

お金を借りてビジネスしようという人には

願ってもないチャンス。

・・・なのですが、

ここで問題。

 

銀行が融資に積極的になると

融資を受けられる人が増える、

つまり、不動産を買える人も増えます。

 

買える人が増えると、

競争が増しますね。

 

買いたい人・買える人が多くなると

売る方としては

値段を上げていきます。

 

そう、物件価格が高騰します。

 

物件価格が上がると

利回りは下がります。

 

利回りは下がっても

買いたい人がいる。

 

そうして不動産市場が活発になる。

 

といったことが予想されます。

 

今、利回りが高い物件はなかなかないなー

と思っていても、

これからどんどん価格が高くなる

=利回りが低くなる可能性あり、です。

 

まぁ、市場や経済に「絶対」はありませんけど。

 

少なくとも情勢としては

今後、不動産価格が上がる可能性が高い

 

ということは言えます。

 

その辺をよく理解した上で

投資戦略を立てることが大切です。

sDSCF_okinawa0171
この記事が気に入ったら
いいね!しよう