こんにちは。

家族のために戦う不動産投資家・桜木大洋です。

不動産投資に興味がある方へ

関連する基本的な知識を

これ以上ないくらい

カンタンな言葉を使って解説しています。

 

 

前回のブログでは

最近話題のAir bnb (エアー・ビー・アンド・ビー)について

利用者(旅行客)の視点でコメントしました。

 

まだ読んでいない方は、こちらをサラッと読んでいたただけると

理解しやすいです。

今、話題のAir bnbって?

 

そして今回はそのAirbnbを

不動産投資家、賃貸物件オーナーの視点で解説します。

 

Air bnbとは、いわゆるホテルではなく

自分の家や賃貸の空き部屋を

短期間、希望する旅行者に貸し出す

というのが基本のスタイル。

 

宿泊業界ではなく一般の民間人が貸し出しを行うため、

「民泊」と呼ばれます。

 

ちょっと昭和な感じのネーミングですが、

この用語で社会的に通じるので、

覚えておいた方が良いです。

 

そして面倒な問題としては、

この「民泊」が

旅館業法で規制されていない

ということが挙げられます。

 

本来、見ず知らずの人が宿泊するのですから

これを商売として営む側の人(事業者)は

・管理面

・衛生面

など、きちんと責任のあるレベルで

一般消費者に提供しなければなりません。

 

そのために「旅館業法」があり、

国が定めた”おもてなしの基準”を

クリアした業者だけが

ホテルや旅館を運営できるのです。

 

しかし「民泊」はその基準が整備されておらず、

自治体によって認めるところと認めないところが

様々という状況です。

 

それで問題が起きなければ良いのですが、

実際に先行して消費者と事業者を結びつけてしまった

Air bnbサイトにより、

いろんなトラブルが起きています。

 

例えば、外国人旅行客が

部屋でたくさんの友人を連れ込んで大騒ぎをしたり、

ゴミを部屋の周りに撒き散らして平気で去っていく

など、

日本人の常識では考えれないマナーの悪さが目立ち、

近隣住人に迷惑をかける事例があちこちで起こっています。

 

また、勝手に部屋を予約して

それをさらに高い値段で他の人に貸す、という

「又貸し」をする輩も出てきて、

お金のやり取りや部屋の管理がぐちゃぐちゃになってしまう

ケースもあります。

 

こういうトラブルがあるから

国が法律で取り締まらなければ

ならなくなってくるのですね。

 

方向性としては

「きちんと管理できない者は

一般人に部屋を貸し出してはいけない」

という原則になると思われます。

 

これまで無法状態で

好き勝手に部屋の貸し借りが行われていたところ

ようやく自治体がルールを作ってきた

という感じです。

 

この「民泊」は

これからもますます旅行客が増え続ける日本において

特に観光地にアクセスの良い立地のところは

新しいビジネスとして有望であることは

容易に考えられます。

 

その証拠に、不動産オーナーも続々とこれに手を出し始め、

それを専門で管理しようとする会社も現れ始めて来ています。

考え方・運営の仕方によっては、

月々の家賃よりも、一週間ごとに宿泊料金を取る方が

ずっと利益が得られることがあるからです。

 

しかしながら、収益物件のオーナーが「民泊」に参入するなら

ベッドやタオルなど、宿泊者に必須の設備・備品を揃えたり

宿泊者に対してきちんとマナーを守るように

説明をしておかなければなりません。

 

 

その辺を良く理解し、それなりの準備をして

始める覚悟が必要です。

sDSCF_okinawa0119
この記事が気に入ったら
いいね!しよう