こんにちは。

家族のために戦う不動産投資家・桜木大洋です。

これから不動産投資を始めたい

興味はあるけれど基礎から学んでみたい

そんな方のために

これ以上ないくらい

やさしい言葉を使って

不動産投資の基礎知識を解説しています。

 

最近、時々個人起業家の集まりに参加する機会が増えました。

間もなくサラリーマンリタイヤするので

少しずつ人脈を広げていこうと

いろいろなパーティーに顔を出しているのです。

 

これまでの私の周りには

たくさんの不動産投資家がいて

それぞれに立派な実績を出している人がいます。

 

不動産投資家のコミュニティーでは、

当然のように「投資規模」とか「最近の利回り」など

日常会話のように出てくるのですが、

不動産投資をしていない起業家の中では

不動産投資をしていることが

とても珍しく映るようです。

 

でも、かなり多くの人が

「不動産投資をされているんですね。

私も興味があるんです」

と語りかけてくれます。

 

そうして私の方でも、

今、何か不動産をお持ちですか?

と尋ねると、

「まぁ、自宅くらいですね」

という回答がかえってきます。

 

その次に、自宅を持っていることが

不動産投資にどのような影響を及ぼすのか

私から説明するパターンが多いです。

 

1.自宅は収益不動産ではありません。

 

これは当然ですね。

家賃をもらえないからです。

 

2.人に貸せば収益が得られる。

 

中にはこれが目的で、分譲マンションを持っている人がいます。

これはこれで正しい考えですが、

マンションの1室を人に貸しても、そこに大きなローンを抱えていると

「投資」としての不動産収入はあまり伸びません。

転勤族が、自宅を離れている間に人に貸して、

ローンの負担を軽くする程度の効果になります。

 

3.自宅を担保に入れて、お金を借りてマンションを買う

 

もしも自宅のローンがほぼ終わっている人ならば

これはなかなか有力です。

ローンがない、もしくはローン残債の少ない自宅は、

銀行にとっても魅力的です。

親からの相続などで借り入れ負担が少ない人には

このやり方で融資を受け、

マンション1棟を買うことも可能です。

 

4.住宅ローンがあると、不動産投資に不利になりますか?

 

この質問は結構多いです。

不動産投資をしたいけど、まずは自宅のローンを返済してから

とおっしゃる人を時々見かけますが、

これはもったいない。

 

住宅ローンを持っていても、融資にはほとんどマイナス影響はありません。

私にはまだ3,000万円くらい住宅ローンがありますが、

一つの銀行から7億円の融資を受けています。

要は物件次第なのです。

収益性の高い物件を見つけてくれば

銀行は多くの融資をしてくれますし、

誰でもマンション1棟を手に入れることができるのです。

 

自宅を持っているかどうか

ということは、あまり気にする必要はありません。

 

しかし、もしもこれから不動産投資をしたいと考えているならば、

先に収益不動産を購入してから自宅を持つ、という方が得策です。

 

不動産投資には実にさまざまなスタイルと戦略があり、

まず「自分がどうなりたいか」

を先に決めることが

何より重要です。

 

そうしないと、何億という借金をすることに

勇気と覚悟を持てないからです。

 

「なりたい姿」が決まってから、

経験者に相談すると

さらに良いアドバイスがもらえます。

 

個人起業家でも、サラリーマンでも

不動産投資の世界に入るなら

まず自分の目標を明確に持てるかどうか

でシナリオが決まるのです。

 

sDSCF_okinawa0175
この記事が気に入ったら
いいね!しよう