こんにちは。

家族のために戦う不動産投資家・桜木大洋です。

これから不動産投資を始めたい

興味はあるけれど基礎から学んでみたい

そんな方のために

これ以上ないくらい

やさしい言葉を使って

不動産投資の基礎知識を解説しています。

 

 

不動産投資の収入とは、どんなものがあるのでしょうか。

 

当然のことながら「家賃」ですよね。

でも、家賃だけではないところが、

面白くなっちゃう点なのです。

 

まぁ、こんなことは物件を所有してみれば

すぐにわかることなのですが、

ここではただ「お金が増える」ということではなく、

不動産オーナーの可能性について

考えていただければと思います。

 

不動産の収入には家賃の他に

「共益費」というものがあります。

これは、個人の部屋ではなく、廊下やエレベーターなど

共用部分を維持するための費用として

徴収されます。

 

共益費、ですから、

共に利益を得るための費用

ということですね。

 

私の物件では、

家賃 38,000円の単身世帯で 共益費 2,000円

家賃 60,000円のファミリータイプで 共益費 5,000円

家賃 111,000円のファミリータイプで 共益費 9,000円

をいただいています。

 

共益費は建物の設備によって変動するべきものですので、

エレベーターや植栽など、お金のかかるものがないのに

共益費がとても高い

というのは

入居者から納得感が得られず、

不満→退去

へとつながりかねません。

 

また、共益費を上げるには

インターネットやケーブルTV、WiFi設備を導入したり

何か入居者のメリットになることが

望ましいです。

 

それからちょっとした裏ワザですが、、、。

 

 

家賃 70,000円+共益費 5,000円

という部屋があるとしましょう。

 

相場に比べて家賃設定の高さが問題で

なかなか決まらなかったとします。

 

そんな時はすぐに

「家賃を下げなければ」

と考える他に、

もう少し良いアイデアがあります。

 

 

家賃を70,000円→69,000円に下げ

管理費を5,000円→6,000円にします。

 

わかりますか?

 

家賃を1,000円下げると、

「6万円台」で部屋を探している人に

検索される土壌にのります。

 

検索サイトは5千円から1万円刻みで

入力するところが多いので、

7万円→6.9万円 は

1,000円安いだけなのに

7万円台 → 6万円台

とカテゴリーが

 

1万円分シフトするのです。

 

そしてさらに

共益費の方は1,000円アップしてみます。

 

そうすると、

家賃は1,000円下げて

共益費を1,000円上げるので、

差し引きはプラスマイナス”ゼロ”

 

どちらの場合でも75,000円を

いただくことができるのです。

 

このように、家賃だけにフォーカスするのではなく、

共益費も見過ごしてはならない

大事な収入源なのです。

 

sDSCF1176
この記事が気に入ったら
いいね!しよう