こんにちは。

家族のために戦う不動産投資家・桜木大洋です。

これから不動産投資を始めたい

興味はあるけれど基礎から学んでみたい

そんな方のために

これ以上ないくらい

やさしい言葉を使って

不動産投資の基礎知識を解説しています。

 

サラリーマンの副業として不動産投資をしている人は、

会社にはもちろん、職場の同僚にもなかなか話せない場合が多いですね。

 

純粋に副業が禁止されている

他人に話してとやかく言われたくない

儲かっている、というイメージがつくのはイヤ

 

などの理由が挙げられます。

 

そうなってくると、

日頃から不動産関係の電話をする時などは

コソコソと席を立って電話をしたり、

会社帰りや休日に

不動産会社や銀行、物件をまわって来なければならないので

会社の業務よりもかなり忙しい時期があります。

 

それでも 誰にも愚痴を言うことができないし、

問題に当たった時に相談することもできません。

 

さらに、不動産投資家の仲間に相談したくても

コミュニティーに入っていたり

コンサルを受けていない限り

その人脈も乏しく、

どうしても孤独な勉強・戦いになってしまいます。

 

一方、会社員の方は

ほとんどいつも

職場の人と一緒に仕事をします。

 

毎日同じメンバーと顔を合わせ、

お得意さんの取引先を訪問するか

同じオフィスでお客さんが来るのを待ちます。

 

このギャップに時々

「不動産投資って、ひとりぽっちだな」

と思うことがあります。

 

どころが、しばらく不動産投資を続け、

ある程度実績が出てくるようになると、

次第にその状況は変わってきます。

 

実績というのは、物件を所有することを意味します。

 

一つでも物件を持つと、そこから賃貸経営が始まります。

賃貸経営は

管理会社なくしては成り立ちません。

 

いわば重要なパートナーです。

 

そして、次に物件を購入しようと思ったとき、

これまでよりも密接な

不動産仲介会社さんとの付き合いが

重要になってきます。

 

銀行融資もだんだん難しくなっていきますので

仲介の不動産会社さんと一緒に

これを乗り越えていかなければならないからです。

 

そうした経験をいくつか踏まえていくと、

自然に人脈も広がっていきます。

 

そして起業家のパーティーに出て

自分が不動産投資をやっていることを話すと

予想外に興味を持たれたりします。

 

個人起業家の皆さんは

みんなが一匹狼なので

逆に一期一会を大切にするし、

 

人に与えることで自分にもかえってくる

 

ということをよく認識されています。

 

ですので、

一般の会社のように

守られた当たり前の環境の中で

一緒にいる人よりも

 

貴重な出会いの瞬間に

お互いの可能性を探り、

ともに成長し合っていきたい

と思う起業家の仲間の方が

ずっと居心地がよくなります。

 

不動産投資は、とにかく物件を持つことから始まります。

そうして経験を積めば

あっという間に仲間が増えていくのです。

 

 

 

 

sDSCF_okinawa0188
この記事が気に入ったら
いいね!しよう