こんにちは。

家族のために戦う不動産投資コンサルタント、桜木大洋です。

 

 

不動産投資に興味はあるけれど、

きっと何百万円も必要なんでしょ?

そんなお金、ないからできない。

 

というあなた、

 

その時点ですでに成功から遠のいています。

 

⚪️⚪️だからできない

という「言い訳」は

これから成功しようとする人が

絶対に口にしてはいけない言葉です。

 

実際、私はまったくの貯金ゼロ円、自己資金ゼロ円から

不動産投資をはじめました。

 

???

 

なんでそんなことができるの?

 

最初は誰でも感じる疑問です。

 

でも、私の周りにいる、かなり多くの人が

自己資金をまったく使わずに

月収⚪️十万円、何百万円というお金を

不動産投資で得ています。

 

その謎をカンタンにお話しすると、

「銀行からお金を借りているから」

です。

 

ではなぜ銀行は

お金のない人に

お金を貸してくれるのでしょうか。

 

それは

物件を担保に融資をしてくれるからです。

 

「物件を担保にする」というのは

万が一借金を返せなくなったときに

その物件を銀行が取り上げて

売却し、返済に充てるということです。

 

では実際に

物件を売却しなければならなくなる確率は

どのくらいでしょうか。

 

不動産投資に積極的な銀行において

お金を貸した人が返せなくなる確率は

「0.2%」。

 

あまり積極的でない銀行は

もっと慎重になるので

さらに低い確率になります。

 

ではなぜ

お金を返せなくなる可能性が低いのでしょうか。

 

それは

家賃収入を返済に充てられるからです。

家賃とは毎月決まった額が

安定的に入ってきます。

 

その家賃より低い金額を返済に充てるので

他にお金を使わない限り

返済が滞ることはありません。

 

それどころか

返済してもお金が余るので

そのお金を次の投資のために

キープしておくことさえ可能です。

 

銀行は、そういうことをちゃんと計算して

物件を担保にお金を貸してくれます。

 

だから、

頭金などなくても

月々の返済が余裕でできる物件を買うときには、

その分の全額を貸してくれるのです。

 

じゃあ、誰だってできるじゃん。

と思った方。

 

正解です。

 

不動産投資は、

銀行がお金を貸してくれさえすれば

誰でもできるのです。

 

そのことに気づいた人だけが

今、不動産投資をやれています。

 

ではどうすれば

銀行はお金を貸してくれるのでしょうか。

 

はい、ここからが問題です。

借りたお金を返済するのに十分な

家賃を得られる物件を買うこと

に尽きます。

 

その物件が

なかなか無いから苦労するのです。

 

そして、どういう物件なら

返済するのに充分な家賃を

生み出してくれるのか、

ということを

きちんと見定める力がなければなりません。

 

例えば家賃が7万円しか入ってこない物件を買って、

月々の返済が10万円だったら

毎月3万円の赤字ですね。

 

逆に家賃が5万円でも

月々の返済が3万円なら

毎月2万円の利益が残ります。

 

つまり、得られる家賃に対して

販売価格の安い物件を買えば

返済金額も少なくなりますよね。

 

そういう物件は

万が一見つけたとしても

それはみーーーーんなが欲しがる物件なので

あっという間に売れてしまいます。

 

だからお金を使いたくない人は、

 

頭を使い

足を使い

時間を使って

 

銀行がお金を貸してくれる物件を

探せばいいのです。

 

多くのサラリーマン投資家が

そのようにして成功しています。

 

⚪️⚪️がないからできない

というのではなく、

 

⚪️⚪️がないから

自分にできることを徹底的にやる

 

その覚悟ができた人から

不動産投資の世界に入ってきてください。

sDSCF1296
この記事が気に入ったら
いいね!しよう