こんにちは。

サラリーマンのお父さんを応援する不動産投資家・桜木大洋です。

 

不動産投資は1回で数千万円〜数億円と

非常に大きなお金を動かすことになります。

 

だから、初めて1棟目を契約するときは

多くの人が不安になり、

失敗を恐れる気持ちもわかります。

 

では、不動産投資で失敗する

とはどういうことでしょうか。

 

買ったときよりも売ったときの方が

値段が安かったら、失敗?

 

それとも、思ったより毎月の収入が

得られなかったら、失敗?

 

いえいえ、どちらも当てはまりません。

 

不動産事業は通常、

銀行からお金を借りて物件を購入し、

家賃収入から必要経費を差し引いて

そこから返済をして

残ったお金が利益になります。

 

この過程の中で「失敗」と呼べるのは

家賃収入の中から借金の返済ができない場合

に限ります。

 

つまり

「借金が返せなくなること」です。

 

こうなると銀行も黙っていないので

その物件を取り上げて銀行側で売却し、

現金に換え、

融資した分を取り返そうとします。

 

借金が返せないということは

家賃収入が思ったより少ない

=空室が多い

ということかもしれません。

 

空室が多いのは

家賃が高いのか

部屋に魅力がないのか など

さまざまな事情・原因があります。

それらのマイナス要因を取り除き

価値を高めることが

「経営改善」になります。

 

しかも、家賃収入の中から

返済ができない

というのは、

非常に稀なケースです。

 

なぜなら、返済金額を大きく上回るような

家賃収入が得られる物件を

はじめから意識して購入するからです。

 

それが物件選びのポイントとも言えます。

 

その物件の選択さえ間違えなければ

不動産投資で借金が返済できなくなる

=失敗する

などという事態はまず起こらないのです。

 

 

ですので、

お金を貸してくれる金融機関さえ見つかれば

ほぼ誰でも、成功できてしまうのです。

 

ちなみに、今 流行りの「ワンルームマンション」では

うっかりすると

家賃収入よりも支払い額の方が多くなり、

返済するのに自分の財産を崩していかなければならない

=自腹を切る

という状況が生まれやすいです。

 

それでも、

月々の支払いを

(たとえ自腹を切って)

支払ったとしても

積立預金だと思えばいいじゃないか

という考え方もあります。

 

不動産投資は、その人が設定する目標によって

シナリオが変わるし、到達点が異なります。

良し悪しの判断も

それによって変わってきます。

 

ですので、ほとんどの場合

「失敗」という概念はなく

「目標を達成するためのアクションは何か」

を考え続け、行動し続けることが

不動産投資の醍醐味です。

 

というわけで、

失敗を恐れて何も行動しないことが

一番まずいことなので

一日も早く行動すべきなのです。

 

 

sDSCF4149
この記事が気に入ったら
いいね!しよう