不動産投資をやり遂げるには、人脈が非常に重要になってきます。

他の投資、いわゆる株やFXなどは自分の判断ひとつで

大きな成功を収めることが可能かもしれませんが、

不動産投資の場合には、人がいないところでは仕事にならない

と言っても過言ではありません。

 

そういった意味でも不動産投資は「投資」というより「事業」なのです。

 

では不動産事業では、どんな人脈が関わりを持つのでしょうか。

 

・物件を紹介してくれる人(不動産仲介業者)

・金融機関を紹介してくれる人(これも不動産仲介業者)

・(自分で開拓する)金融機関

・相談できる人(メンター)

・刺激を受ける人(不動産投資家仲間)

・目標にする人(これも不動産投資家仲間)

・不動産管理会社

・リフォーム業者

・設備業者

・セキュリティー業者

・保険会社

などなど、実に多くの関係者が、一つの物件に関わっていきます。

 

つまり不動産業は一人では決してうまくいかない

「チーム」で動くことが大切です。

 

ですので、自分に関わる人々と丁寧に接していくことが重要なのです。

人脈を開拓し、そのつながりを維持しながら成果に結びつける。

そのためには

メールをしたり

電話したり

イベントに参加したり

さまざまなアクションが必要です。

 

誰に対しても真摯に、誠意を持って接することで

自分の味方がきっと現れます。

 

そして、信頼できる人を見つけたら

より一層 頻繁に連絡を取り、

その人が喜びそうなことを

全力でやってあげるのです。

 

そうすれば、やがてあなたにも返ってきます。

 

Win-Win の関係

 

ですね。

 

まずは出会うこと

そして与えること

そこからが始まりです。

 

sDSCF8545
この記事が気に入ったら
いいね!しよう