不動産投資をするなら、物件を見つけなければなりません。

当たり前のことですが、これがなかなか難しい。

まだ経験のない人には、「どうやって探すの?」

とさっぱりわからない感じだと思います。

 

収益物件は、インターネットで検索すれば

それなりに充実したポータルサイトがありますし、

「アパート経営」とか

「収益不動産」

などのキーワードを打ち込むと、かなりたくさんの

情報にアクセスすることができますね。

 

でも、物件ばかりたくさん見ても

自分で選ぶ力がなければ

その先どうしようもありません。

 

そのための知識を得る努力が必要なことは

言うまでもありませんが、

知識など無くても、

一番てっとり早く

自分にあった物件にリーチする方法があります。

 

それは、

不動産会社の営業マンとコンタクトを取ることです。

 

それはまたさらにハードルが上げられた!

と心配する人がいるかもしれませんが、

不動産会社の営業マンの気持ちを代表して言うと

「安心してください。待っていますよ。」

という感じです。 笑

 

不動産会社の営業マンは、常に新規顧客を探しているものです。

なぜなら、

一度購入した人は、融資金額の限界などの事情で、

なかなかすぐに2棟目が買えませんし、

不動産会社の方から手当たり次第にアプローチしても

買おうという気持ちのない人に物件を紹介するのは

かなり効率が悪いからです。

 

それよりも

買う気満々の人であれば

その人の属性や購入希望条件を聞いて

すぐに自社の扱う物件を紹介すれば良いのです。

これはお互いに効率の良いことなので

大歓迎となります。

 

では、どうやって不動産会社の営業マンと知り合いになるか

ですが、

不動産会社が主催するセミナーをネット検索して、出席する

のが一番早いですね。

 

それも、1回(1社)だけでは少なすぎます。

人は、初めて出会った物件が「最高」「運命的な出会い」と

思ってしまいがちだからです。

 

少なくとも3社以上の不動産会社とコンタクトを取り

それから検討することをお勧めします。

 

そうしていくうちに

知識を覚え、相場感が養われ、

適切な物件に出会えるようになります。

 

いずれにしろ、本を読むより、

パソコンとにらめっこするより

まずは行動すること

が大切ですね。

sDSCF1622
この記事が気に入ったら
いいね!しよう