こんにちは。
家族のために戦うサラリーマン大家・桜木大洋です。

不動産投資は普通のサラリーマンでも簡単に始めることができる、とても効率の良い投資術です。

正しい知識に裏付けされた正しい行動をすれば、誰でもかなり高い確率で成功することができます。

では、その正しい知識の入口として、今日は不動産投資のメリット・デメリットについてお話ししたいと思います。

 

1.不動産投資のメリット

1)扱う金額が大きく、少しの行動で大きな利益を得ることができる。

アフィリエイトなどを経験されている方はおわかりだと思いますが、大抵のビジネスでお金を得ようと思うと、最初は10円・20円から始まり、コツコツと実績を積み上げていかなければなりません。

そのために多くの時間と労力を費やします。

しかし不動産投資では、1度、物件を購入してしまえば、あとは毎月◯万円、◯十万円というお金が自動的に入ってくるようになります。

それだけ収入が安定し、その分 時間にゆとりができます。

 

2)金融機関から多額のお金を借りることができ、かつ返済できなくなる可能性が極めて低い。

普通の事業でお金を借りる場合、まずその事業に対して綿密な事業計画書を作成しなければなりません。

そしてうまく行ってお金を借りられた後も、毎月変動する売上の中からいかにしてきちんと返済していくか、常に神経をすり減らします。

しかし不動産投資では、担保評価の高い物件を購入することで、万が一の時はその物件を金融機関に差し出せば大部分の返済は可能ですし、そもそもそんなことになってしまうケースが少ないのです。

もう一つの観点としては、手元に現金を持っていなくても、良い物件を見つければ、銀行がいきなり十分なお金を貸してくれます。

つまり、お金に対しても大きな視点で取り組むことができます。

 

3)今まで出逢ったことのない人との人脈が広がる。

不動産投資の世界は情報が要(かなめ)です。このため、人に対して真摯に付き合って行ける人でないと、なかなか成功しません。

自分だけ良ければいい、という考えの人には情報も来なくなるからです。

更に、不動産には二つと同じ物件が無いし、融資が引けるかどうかも、人によって異なってきます。

ですから、単純に一つの物件を取り合うというケースが少なく、直接的なライバルは存在しません。

仲間で情報を分かち合い、研鑽し合って成長していくことが、成功の近道になります。

 

2.不動産投資のデメリット

1)大金を扱うため、度胸と覚悟が必要。

住宅ローンよりも高額な融資を受けるため、間違いなく人生最大のお金を扱います。

もしも何かあったらどうしよう、と不安な気持ちが襲って来る瞬間があります。

しかし、業界の人にとっては普通にやっていることですから、慣れてくれば何でもありません。

それどころか、成功者を見ているとできるだけ多くのお金を借りることが勝負、という考え方に変わってきます。

 

2)流動性が低い

ちょっと難しい言葉を遣ってしまいましたが、「流動性」というのは現金に換えるスピードのことです。

不動産は一日や二日、数週間で売買が決まることはほぼありません。1ヶ月や2ヶ月、もしくは一年かかることもザラにあります。

ですので、すぐに現金を必要とするこまめなビジネスには向いていないと言えます。

 

3)空室や修繕が気になる

所有している物件が常に満室で、まったく修繕も必要ない、なんていうことはまずありません。

賃貸である限り、居住者はいつか退去するし、長年住んでいれば部屋が傷んだり、水漏れをすることも結構あります。

そんな時は、突然の出費を伴いますので、なかなか改善しない時には胃が痛くなったり、他の仕事が手につかなくなったりするかもしれません。

しかし、そういったリスクにはほとんど対策がありますので、しっかり知識を得て行動すれば対処できるものばかりです。

 

以上が不動産ビジネスの主な特徴です。

具体的には、これから一つ一つ例を挙げて説明することができますし、何よりも物件取得の行動を起こせば自然に理解できるものばかりです。

いずれにしろ不動産投資は「本質」さえきちんと理解しておけば、あとは行動するのみ。

普通にやっていれば誰でも結果を出すことができる、実はハードルの低いビジネスなのです。

 

sDSCF8453
この記事が気に入ったら
いいね!しよう