こんにちは。

家族のために戦うサラリーマン大家・桜木大洋です。

 

不動産投資で利益を得る、といっても

いったいどうやって?

と思う人がいるかもしれません。

初めて不動産投資にチャレンジしようという人は、まずここから理解しておいた方が良いでしょう。

不動産投資で利益を得るには、主に二つの種類があります。

 

1.売買によって利益を得る

これは、物件を安く買って、高く売る、というとてもシンプルな理屈です。

いわゆるカメラや宝飾品の中古品売買と一緒ですね。

「みんなが欲しくなれば価格は上がり、魅力がなければ価格が下がる」

ここでうまくやっていくには、

魅力が無い=空室が多い、汚い ときに安く買い

みんなが欲しくなるように=満室やリフォーム をして高く売る

ということを繰り返すのです。

うまくいけば、1,000万円で買ったものが2,000万円で売れたり、

5,000万円で買ったものが8,000万円で売れることもあり得ます。

一瞬で何百万円、何千万円の利益を得ることができるのです。

しかし、これが順調にできるようになるには相当熟練を積んだプロの選定眼が必要になってきますし、逆に万が一買った時よりも安く売らなければならない時には、その分丸ごと損失となるので、取り返しがつかなくなります。

ですので、初心者の方にはお勧めできません。

こういうやり方もある、と理解しておくだけでいいと思います。

 

2.家賃収入から利益を得る

これが、不動産投資ならではのもう一つのしくみ、素晴らしい収益モデルなのです。

収益不動産のオーナーは、入居者から毎月の家賃が入ってきますね。

その家賃の中から、

物件を購入した時のローンを支払い

管理費を外注業者に支払い

税金を支払えば、

あとは全て自分のものになります。

ですので、部屋を満室にしてできるだけ多くの家賃収入を得て、

上記の費用を支払っても毎月手残りがあるようにすれば、

月々◯◯万円というお金が、

何もしないでも

まるで給料のように

入ってくるのです。

ちなみに私は今のところ、毎月約150万円ほどの現金が残っています。

毎月毎月毎月毎月、、、です。笑

 

そして最も素晴らしいのは、ローンを返済してしまうと

あとは土地と建物が完全に自分のものになることです。

言い換えれば、

「他人のお金で土地と建物を買っている」

ことになるのです。

毎月の家賃収入から現金を得ながら、

更に何十年か後には資産として自分のものになる。

あぁ、不動産って、なんて素敵なビジネスなのでしょう。

これが多くの人が不動産投資を「最強のビジネスモデル」と呼ぶことの所以(ゆえん)です。

 

そして、サラリーマンなら誰でも、それを実現できるのです。

やり方を知っているか知らないかで、人生が大きく変わる、ということなのです。

そのための正しい知識と正しい方法を、

私が伝えていきます。

 

 

sDSCF8625
この記事が気に入ったら
いいね!しよう