白内障とは、目の水晶体という部分が濁ってくる病気で、多くは加齢によるものが原因とされています。
この加齢による白内障を「老人性白内障」といいますが、
年齢層別に60歳代で70%、70歳代で90%、80歳以上ではほぼ100%がこの老人性白内障と言われています。

ただし、近年では「若年性白内障」と呼ばれる、20代や30代の方にも発症する白内障が増えてきています。

こちらははっきりとした原因はまだ解明されていないですが、
ストレスや喫煙、食生活の欧米化などが関連しているのではないかと指摘されています。
なので、若い方も高齢の方も、以下の症状が見られたら、早めに眼科に行くことをおすすめします。

例えば、目が白くかすんだりぼやけて見える、ものが二重・三重に見える、明るい場所でまぶしく感じる、などです。

目の水晶体はよくカメラのレンズに例えられますが、
カメラを覗いてみても、レンズが白くなったりくもっていると、かすんだりぼやけて見えますね。
それと同じように、目の水晶体が白く濁っていると、これらの症状が見られることがあるのです。

現在白内障になると、完全な治療法は見つかっていませんが、
進行を遅らせるために、目薬が処方されたり、手術が行われます。

これらによりかなり症状は改善しますが、一度進行してしまったものは戻すことは難しいです。
そのため、「私には関係ない」と思わず、目の見え方に違和感を感じたら、早めに眼科に行くようにしましょう。

Adult optometry. male optometrist optician doctor examines eyesight of young woman patient in eye ophthalmological clinic
この記事が気に入ったら
いいね!しよう