明日は早く起きて仕事に行かないといけないのに、眠りたくても眠れない。
そんな事は誰にでも経験があるかと思います。
眠ろうと焦れば焦るほどに目が冴えてしまったりして。

そんな時に効果的なある「もの」を紹介しましょう。

それはグリシン。アミノ酸の一種です。

グリシンがなぜ良いの?
これはある製薬会社がプラシーボ効果の試験(薬の効き目が気分や思い込みではない事を確認する試験)で
偽薬としてグリシンを使った事に始まります。

偽薬は本来、何も作用がない事が必須の条件です。
ですから、グリシンもアミノ酸の一つとして何も効果のないものとして扱われていました。

ところが、グリシンを投与した被験者の睡眠パターンがどう見ても他と違う事がわかったのです。
どう違うのかというと、入眠後の眠りの深さが普通よりも大きくなったのです。

睡眠の深さは「良く眠った」と実感できるとても重要な要因ですが、
グリシンはその睡眠の深さを大きくさせる作用がある事がわかったのです。

グリシンがどのように作用して眠りを深くするのかはまだわからない事が多いそうですが、
とにかく効果がある事は確かなようです。

そして、何よりも、グリシンが普通のタンパク質にも含まれているアミノ酸の一つというのが安心ですね。

普段、食べているものの中に含まれている訳ですから。

ただし、寝る前に数グラム摂取しなければ効果は期待できません。
今は通販や薬局などでグリシンを買う事ができます。

微妙な味なので、牛乳に溶かして飲むと抵抗がなく摂取できると思います。

sleep
この記事が気に入ったら
いいね!しよう