若くない今だからこそ書ける文章がある。

最近、そんなことをよく思う。

なぜなら、現在進行中のできごとは文章にするのが難しく、

冷静に、客観的に書けるようになるには

時間が経過するのを待つ必要があるから。

怒りや悔しさではらわたが煮えくり返りそうに感じていたことも、

時間が経った今だからこそ、

いろいろ経験を重ねた今だらこそ、

読むに耐えられる文章が書けるのだ。

そうして書いた文章を読み返してみると、

時間の経過というだけでは説明のできない

空気をおびていることがある。

それは現在進行形では出せない

甘いせつない空気で、

過去形だから出せるものなのかもしれない。

tricycle-691587_640
この記事が気に入ったら
いいね!しよう