大人になると、誰も自分のことをほめてくれない。

なんでもできて当たり前だから。

では、人並みのことができない自分は

ほめるところがないのか?

そんなことは絶対にない(はず)。

「ほめ日記」というものがあると、

クライアントさんが教えてくれた。

1日の反省を書く「反省日記」。

誰にも言えないグチをここぞとばかりに書く「グチ日記」。

そして、自分のことをほめる「ほめ日記」。

日記にもいろいろあるんですね。

「ほめ日記」には、こんなルールがあるそうです。

  • 自分をほめる。
  • ネガティブな言葉は使わない。
  • 事実のみを書くのではなく、必ずほめ言葉でしめる。

私は日記に、なぜうまくいかなかったのか、

今後どうしたらいいのかを反省として書いているのですが、

自分を責めなければOKらしい。

反省を書く日記ではあるけれど、

「次は絶対うまくいく」とイメージする大切な時間なので、

これは譲れません。

(方向性がまちがっていなくて、良かった)

いろいろ調べてみて、

「ほめ日記」は

  • 自己肯定感が低い人
  • ネガティブな人

に、効果がありそうだと思いました。

そして、実際に何日か「ほめ日記」を数行だけ書いてみたのです。

「睡眠時間3時間だったのに、朝、起きて、お弁当作れた。すごい!」

私は冬の早起きが本当に苦手で、

このまま朝が来ても目が覚めなかったら幸せかもしれない

と思うほど、体調が悪いのです。

でも、「ほめ日記」に書いたことで、

つらいつらいイメージだった朝が、

少しでも頑張れる朝に変わりました(単純ですね)。

何かできたことがないと、ほめられないのか。

答えはノーです。

ほめる ≠ 評価 なので、

まだ行動に移せていない自分のやる気

ほめてもいいようです。

たしかに、自分のこころのなかで思っていることが

どんなにすばらしいことだったとしても、

それを知っているのは自分だけ。

ほめられるのも自分だけですよね。

「ほめ日記」は自分を見つめることで

自分のいいところに気づける

いいライティングな方法だと思いました。

cup-1010918_640
この記事が気に入ったら
いいね!しよう