自分らしく生きるとモテるーSNSに見る海外ナンパ事情の6回目は、

「イギリス人は電話好き」

シリーズ化されました。
第1回目は、こちら。
http://wp.me/p6Tbj4-JS

第2回目は、こちら。
http://wp.me/p6Tbj4-K4

第3回目は、こちら。
http://wp.me/p6Tbj4-K7

第4回目は、こちら。
http://wp.me/p6Tbj4-Kg

第5回目は、こちら。
http://wp.me/p6Tbj4-Ko

Facebookで友達リクエストをもらったら、
プロフィールなどを見て問題がないと思ったら承認し、
メッセージのやり取りをする

その後、スカイプなどの音声やビデオ機能を使って、さらにやり取りをする

というのが、一般的な流れかと思います。

今はFacebookのメッセージから音声通話ができるようになりましたので
便利になりましたね。

でも中には、一足飛びに電話をかけてくる人もいます。

こんにちはのあいさつの後、英語がわかる?と問われ

返答する間もなく、呼び出し音が聞こえます。

ちょっと待って。

今、仕事中。。。

でも相手は待てないのか、何度か呼び出しをした後、

いきなり音信不通に。

せっかちな人でした。

別の人は、メッセージの後、やはり呼び出し音。

この時は応答したら、

「ハニー」

いつ、私はあなたのハニーになったのでしょう。

「今、フロリダにいるんだ。
今度、君と一緒にビーチで過ごしたいな」

妄想炸裂中。

さらに別の人は、ブチュっとキスの音。

君も同じようにして。

えっ、恥ずかしいわ。

シャイだね。

ええ、いつまでたっても通話が終わらないので、
軽くキスの音をさせて、終了。

いずれも、イギリス人でした。

イギリス人はメッセージのやり取りよりも、
実際の会話を楽しむのか、

この人たちが
たまたま電話が好きだったのか。

今となっては、確かめることもできません。

PASONA160306390I9A2166_TP_V
この記事が気に入ったら
いいね!しよう