自分らしく生きるとモテるーSNSに見る海外ナンパ事情の4回目は、

「やはりお金が目的だった」

このシリーズを読みたいという方へ。
第1回目は、こちら。
http://wp.me/p6Tbj4-JS

第2回目は、こちら。
http://wp.me/p6Tbj4-K4

第3回目は、こちら。
http://wp.me/p6Tbj4-K7
自分らしく生きると、
リアルで会っている人たちからはもちろん、
一度も会ったこともなく、話したこともない人からも、

モテるようになります。

私がモテたのはFacebookでの友達リクエスト。

人脈を広げるためにリクエストしてくる人もいますし、
真剣な交際を望んでいる人もいます。

ただ、同情心を煽ってお金を送金させるために
友達リクエストをしてくる人が多いのは、事実。

実際に起きたことを、このようにお伝えすることによって、
一人でも被害に遭わないことを願っています。

前置きが長くなりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私はアメリカ軍の軍人で、
今、平和維持活動のために、○○に来ています。

私は、シングルファーザーです。
妻を5年前に交通事故で亡くし、
子供が一人います。

残りの人生を一緒に歩む女性を探しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

といってきた自称軍人さんが、次にしたこと。

それは、お金の無心。

今回は、子供をだしに使ってきました。

どういうことかというと、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
陸軍士官学校に通っている息子が、
今年の夏に新たに研修を受けるのに、
お金がかかるって連絡が来たんだ。

私がお金を送金したいけれど、
君も知っているように、今、危険な地域にいる。

さらに悪いことに、セキュリティーの問題から、
送金ができないんだ。

だから、代わりに送金してくれないか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

研修を受けたいのに、お金がなくて研修を受けられない。
お母さんは事故で亡くなっているし、お父さんは危険と隣り合わせ。
なんとかしてあげたい。

一瞬、情にほだされそうになりました。

「かわいそうに。誰にいくら送金すればいいの。」

「学校のスーパーバイザーあてに送金してほしいんだ。

名前は○○。住所は▲▲。とりあえず、1000ドルでいいよ。」

とりあえず、1000ドルって、もっとかかるってことかしら。

でも、
受取人が、学校のスーパーバイザーって、変だなあ。

そう思った私は、知り合いの軍人に聞きました。

「士官学校で夏の研修を受ける費用を送金しようと思うのだけど。」

「それは、嘘だよ。
士官学校では、授業料や食費を生徒は払わなくていいんだ。
だから、夏の研修もタダで受けられる。」

そうなんだ。授業料は免除されているんだ。

研修費用の受取人というスーパーバイザーの住所を調べてもらうと、
そこは、ログハウスやトレーラーハウスがある場所。

どう見ても、士官学校のスーパーバイザーが住んでいるとは思えません。

 

嘘だったんだ。

騙されないで済んだという安堵感よりも、
がっかりしました。

今までも、そうやって騙してきたのかな。

本当に子供がいたのかどうかは、わからない。

もし、いなかったとしても、
子供をダシに使うのは、やめて欲しい。

_shared_img_thumb_shibuya_hikarie201409211249002_TP_V
この記事が気に入ったら
いいね!しよう