こんにちは。

家族のために戦う不動産投資コンサルタント・桜木大洋です。

 

 

不動産投資に興味はあるけれど

何をどうして始めてよいのかわからない

私にもできるの?

 

という感じの方に、

とてもわかりやすい表現で

投資に必要な基礎知識をお伝えしています。

 

 

ここまでは不動産物件の種類として

ワンルームマンション

木造アパート

一戸建て

について、解説してきました。

 

今日のテーマは、不動産投資を本格的に行っていこう

という方に絶対お勧めの

「一棟マンション」です。

 

マンション一部屋でなく、一棟まるごと。

 

それはすごい!

と思うのも無理ありませんが、

べつに誰でも普通に所有できます。

 

私は3棟持っています。

 

逆に言えば

木造アパートよりも

買いやすいと言うこともできます。

 

それはなぜか?

答えは、「資産価値が高い」からです。

 

一棟マンションの場合、

鉄骨で組まれた「鉄骨造」と

鉄筋コンクリートで構成される「RC造」があります。

鉄筋コンクリートは英語で

Reinforced Concrete

というので、頭文字をとって

RC(アールシー)

と呼びます。

 

このRCや鉄骨造は

いわゆるシッカリした造りなので

密閉性が高く、防音効果が高くて

入居者から人気があります。

 

 

また、ある程度の規模になると

木造では支えられないので

鉄骨か鉄筋コンクリートで造ることになるのです。

 

だからつまり、建物が頑丈

ということです。

 

頑丈な建物なので、資産価値が高い。

そして、規模が大きいので

土地が広い場合が多い。

 

高価で丈夫な建物と、広い土地。

 

これが1棟マンションの強みです。

そして、購入時にお金を貸してくれる金融機関も

同じことを考えているので

 

木造アパートよりも

鉄骨造・RCマンションの方が

安心してお金を貸してくれやすいのです。

 

木造の倒れそうなアパートより

頑丈なマンションの方が

お金を貸す方だって安心ですよね。

 

お金を貸してくれさえすれば

誰だって物件を買うことができます。

 

例えば木造の場合、

3,000万円の物件価格に対し、

銀行から2,000万円しか貸してもらえなければ

あと1,000万円を自分で工面しなければなりません。

 

でもRCマンションの場合、

1億円の物件に対し、

1億円全額を貸してくれるケースがたくさんあります。

そうしたら

全額借金にはなりますが

1億円のマンションを手に入れることができて

月々の家賃もたくさん得られ

そこから借金を返済し、

必要経費を支払っても

余裕で利益が残る

ということが十分あり得ます。

 

まぁ、成功しているサラリーマン投資家のほどんどは

このスタイルです。

 

それだけ「一棟マンション投資」は、

不動産投資の王道であり、

とてもシンプルでわかりやすい方法なのです。

 

 

 

sDSCF1136
この記事が気に入ったら
いいね!しよう