こんにちは。

家族のために戦う不動産投資コンサルタント・桜木大洋です。

 

これ以上ないくらい

誰にでもわかりやすい

不動産投資について解説します。

 

今日のテーマは「一戸建ての収益物件」について。

 

一戸建てということは、つまり「一軒家」ですね。

 

これを購入して、賃貸して

収益を得る

というモデルになります。

 

一戸建て場合、

ファミリーが住むので

一旦入居したら

長ーく住んでもらえます。

 

ほぼ自分の家のように住むので

愛着も湧くし、修繕なども自分でやってくれたりします。

 

価格は数百万円から出回っており、

中には競売といって

破産した人の資産を裁判所が処分する場合もあります。

 

その際には入札があり、

いくらで買いますよ

という指値を競って、

その中で一番高い値段をつけた人に売ってもらう

オークション形式で価格が決まったりするので

タイミングが良ければ

信じられないくらい安い価格で

手に入れることもあり得ます。

 

そうなると、例えば家賃8万円の一軒家が

480万円くらいで購入できたりすると

利回りは20%になり、

5年で元が取れてしまう計算になります。

 

他の収益不動産は

利回りが2ケタ、つまり10%以上になることさえ

非常に稀なケースになってきていますので、

利回りが20%なんて、とても効率の良い投資

ということになります。

 

ですが、やはりこういう物件は

よほどの熟練者でないと

危険が伴うのも事実です。

 

まず、1軒家なので、入居者も1家族。

退去したら家賃は1円も入ってきません。

 

確実に入居者を獲得できるように

魅力的な物件に仕上げる力が必要です。

 

価格が安いものに限って

目の前の道路が狭かったり

崖の上やすぐ横に建っていたり

建築基準法の関係で再建築が禁止されていたり

する物件もたくさんあります。

 

そういう物件を好んで取得し、

5年で元を取ったあとは

家賃のほぼ全額を利益として回収したり

住んでいる人に売却して

大きな利益を得る

ことを専門にやっているツワモノもいます。

 

それから、戸建ての場合、

融資はほとんどつきません。

 

土地の価値も建物の価値も

金融機関から評価されないからです。

 

そういうわけで、戸建てを買うには

現金に余裕がある場合に限り、

再生して売却するまでの計画をきちんと立てられる人

でないと、痛い目に遭います。

 

安く買って、

そこそこリフォームして

入居者をさっと入れる。

 

この大技をやってのけられる

筋金入りの不動産投資家向きなのです。

 

ほとんどマニアックの世界ですね。

このスキームが軌道に乗るようになると

不動産で得る利益もどんどん大きくなり、

資産自体も増えていきますが、

初心者はまずやめておいた方が良いと

言わざるを得ません。

 

知識としてとっておくことをお勧めします。

 

sDSCF4486
この記事が気に入ったら
いいね!しよう