タイトル通り、こんな疑問ってわいたことない?テレビや雑誌でみる女優さんてさ、いつまでたっても綺麗じゃない?いわゆる「お母さん」と呼ばれる年齢になっても大学生かよ!ってつっこみたくなるような若さを保ってる女優さんって多い。

 

これってなんで?って思わない?思うよね?男女関係なくさ。

 

で、これに関してはやっぱり質問もいただくしぼく自身疑問だったから自分なりの答えを出してみたわけ。それが正しいかどうかはなんとも言えないんだけど、まあ参考になればいいかな。あながち間違ってはないと思うし。笑

 

 

いつまでも綺麗な理由は金を使ってるから?

 

んー、まあ確かにお金は使ってると思うよ。それは化粧品とかエステとかよりも、例えばぼくが教えてるようなボディメイク方法を学んで実践したりね。一流の人に教えてもらったらそりゃお金もかかるわけなんだけど、彼女ら(彼ら)はそれを平気で投資するからね。

 

もちろんむやみに金をかけたらいいの?って言われたらそれは違うんだけど、やっぱり「時間とお金」はかけてる印象。

 

食べ物だったり、水だったりね。日常で使うものにはやっぱりこだわりがある人が多い。あとは時間っていうのは、しっかりとお風呂に入ってデトックスしたりさ。睡眠時間はちゃんと確保したり。ランニングしたりトレーニングしたり。

 

お風呂や睡眠、トレーニングはお金かけなくてもできること。でもさ、なまけちゃうじゃん?普通。夜更かししたり、お風呂もシャワーで済ませたりとかさ。トレーニングも3日坊主ってことない?それじゃダメなのよね。

 

 

お金と時間を無理ない範囲で有効活用すれば、そんなお金持ちじゃなくっても美は保てるんだよね。

 

 

じゃあ、遺伝子レベルでなにか違う?

 

これはね、みんな遺伝子違うからね。笑

 

まあ確かに男のぼくからしても「この人は同じ人間か!?」と思うような美しさを持ってる人は確かにいるよ。男女問わずね。でも、同じ人間なんだよね。遺伝子も違うけど、種別は同じなの。もちろんね、先天性のものも確かにあるけど、顔が綺麗とかそういう美ってのは年齢と共に崩れるわけさ。自然の摂理。

 

 

けど、大事なのはおぎゃーっと生を受けてからどうしたか?なの。どんなに歳を重ねても綺麗な人って総じて努力はしてるもの。「遺伝子が違う」なんて言ったらこの世の9割の人は報われないよ。

 

 

いつまでも綺麗な人は自分に自信がある

 

これはあるね。確実に。綺麗な人は「私(ぼく)は綺麗」と自信を持ってる。

 

自信があるとさ、自然と表情や姿勢に現れるんだ。凛とする。逆に自信がない人は表情も暗いし、背筋が曲がってる。なんだろうね、外見の美しさというか内面からにじみ出るもの。そうだね、オーラみたいなのがないんだよ。自信がある人は総じてこれを放ってる。

 

変な言い方だけど別にイケメンでも美女でもないのになんでかかっこよく、かわいく見える人いない?心当たりあると思うんだよね。そういう人たちって自信がある人が多いと思う。堂々としてるっていうか。「ナルシスト」ってひがまれたりするけど、それすら前向きに捉えるんだよね。

 

外見がいいから自信がつく…ではなく、自信があるから外見に出るって感じかな。自分に自信のある人には不思議と「ブサイク、ブス」とはいえないよね。

 

 

 

まとめると

 

いつまでも美しい人は、お金と時間ももちろんかけてるんだろうけど何より「日常でできるもの」はすごく大事にしてると思う。

 

食事、お風呂、睡眠、トレーニング、そして自信。

 

これらはそこまでお金かけないでもできることだよね。だからこそ、多くの人が雑に扱っちゃうんだけど。でも一本数万する化粧品や1回数万するエステなんかより遥かに効果のあるものなんだよね。女優さんはお金があるから単純に金かけてるって思われがちだけど、だからこそこういうなんてことない日常でできることにこだわってるよ。

 

 

高い化粧品使えば…エステ通えば…なんて思ってる時点で二流。メディアや広告に振り回されてるよ。美の秘訣は、いつもの日常生活の中にあるんだよね。

 

 

 

 

bsAI_IMG_7777
この記事が気に入ったら
いいね!しよう