自分らしく生きるとモテるーSNSに見る海外ナンパ事情の3回目は、

「身の上話はみな同じ」

第1回目は、こちら。
http://wp.me/p6Tbj4-JS

第2回目は、こちら。
http://wp.me/p6Tbj4-K4

自称軍人さんから友達リクエストが来て、
メッセージを返信したら、
身の上話が書いてありました。

どんなことが書いてあったかというと、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私はアメリカ軍の軍人で、
今、平和維持活動のために、○○に来ています。

私は、シングルファーザーです。
妻を3年前(あるいは5年前)交通事故で亡くし、
子供が一人います。

残りの人生を一緒に歩む女性を探しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

何人もの人からメッセージが送られてきましたが、
みな、判で押したように、同じ。
・今、海外にいること
・奥さんを交通事故で亡くしたこと、
・子供がいること
・残りの人生を一緒に歩く女性を探している。

ある(自称)軍人さんに、
なぜ、Facebookで残りの人生を一緒に歩む女性を探そうと思ったの
そう、尋ねました。

すると、
友達が、同じ境遇で、
Facebookで女性と意気投合して再婚したんだ。

だから私もFacebookで女性を探そうと思ったんだ。

そうなんだ。

軍人さんて、シングルファーザーが多いのね。

一人目、二人目の時は、
境遇が似ている、偶然って重なるのね
と思いましたが、

送ってくる人、送ってくる人、
みな同じ境遇というのは、

胡散臭い。

ちなみに、
平和維持活動をしている場所はというと、
アフガニスタン、シリアにレバノン。

シリアにいるという自称軍人さんは、

どう見ても、「海軍」のセレモニーの服装で写っています。

でも、「パトロールから帰ってきたところなんだ」

とメッセージ。

はて、海軍は、地上でパトロールするかしら。

そこは、深く突っ込まないほうがいいのね、きっと。

奥さんを事故で亡くして、
子供を残して、
危険と隣り合わせの場所にいる。

なんて、かわいそうなの。
一人残された子供がかわいそう。

同情したくなります。

同情を引いたところで、
次が待っています。

それが何かというと

続きは、また明日。

0f10090f2788d3da867fd274a5860a44_m
この記事が気に入ったら
いいね!しよう